アヤナス 何歳から

何歳から使えるの?年齢を教えて?

アヤナス,何歳から

アヤナスは、敏感肌の人のための化粧品です。と同時に、アヤナスの、ハリと弾力が「彩をなす」という意味のとおり、アンチエイジングにも期待できる化粧品です。

 

 

アンチエイジングというと、何となくわかったような気でいますが、いったい、何歳から始めればいいのか、と突きつめると、ハッキリとはわかりませんよね。

 

 

敏感肌の人は、糖化といって肌に褐色の老廃物がたまって黄ばんだ肌になりやすい現象が起こりがちで、同年代の人よりも老けてみられることも多いです。

 

 

こういうことからも、アトピーなど先天的に敏感肌の人は、アレルギー反応を起こしやすいので、何歳から、というよりは、いつアンチエイジングを始めても早くないですし、後天的に敏感肌になってしまった人は、敏感肌に気がついた時からすぐ始めるのがいいでしょう。

 

 

アヤナスがもつアンチエイジング効果は、乱れてしまった角質層の上に疑似角質層をつくるヴァイタサイクルヴェールという特許技術によって、肌を保護しながらアンチエイジング成分を浸透させることで実現できるものです。

 

アヤナス,何歳から

 

この技術のおかげで、刺激に弱い敏感肌の人でも、アヤナスを使うことで何歳からでもアンチエイジングに取り組むことができます。

 

 

この特許技術は、ポーラ・オルヴィス研究所と連携している敏感肌専門のブランド、ディセンシアがつくりだしたもので、アヤナスの基盤になっている技術です。

 

 

アヤナスの口コミなどをみると、30代後半〜40代前半の方が多いですが、20代後半の方もいて、肌がモチモチになった、というコメントもあります。

 

 

また、21歳の大学生のライターでも、アヤナスの保湿力は文句なし、という記事もあります。敏感肌の人は、残念ながらエイジングが進みやすい、といわれています。

 

 

そのうえ、肌に美白成分やアンチエイジング成分を取り入れようとしても、角質層が乱れているので浸透もできず、肌トラブルが起きるということもありました。

 

アヤナス,何歳から

 

表皮にある角質層が荒れてしまうので、バリア機能の役目ができず、美白成分やアンチエイジング成分が刺激になって感じやすくなってしまうのです。

 

 

そのためシワができやすく同年代より老けてみえやすい、というつらい肌質が敏感肌なのです。美白化粧品や、アンチエイジングの化粧品も敏感肌の人には刺激が強いので、今までは避けていたはずです。

 

 

アヤナスは、そんな敏感肌の方のための化粧品です。いくら肌にいい、といわれても、お試しができなければ、化粧品の場合は不安ですよね。

 

 

特に、敏感肌で苦労している方は、絶対に試してからでないと購入しないはずです。アヤナスにはトライアルセットといって、ローション、美容液、クリームのミニボトルのセットがあります。

 

アヤナス,何歳から

 

10日分ぐらい試せるセットですので、十分、自分の肌にあうかどうかチェックできます。このトライアルセットがあるのは、アヤナスの公式サイトです。敏感肌の人に向くアナヤスの成分や、特許技術のこと、トライアルセットの説明まで情報が得られるサイトになっています。

 

 

何歳からでも始められる敏感肌向きのアヤナスについて、いろいろわかるサイトでもあります。敏感肌で悩んでいる方の役に立つかもしれません。
ドラッグストアに取扱店はありません。)

 

>>アヤナスのトライアルセット詳細はここから


関連ページ

ニベアと混ぜて本当にいいの?
アヤナスとニベアを混ぜて使うといい?そんな噂があるみたいです。実際にアナヤスとニベアは合わせていいのでしょうか?こちらよりご覧ください。
白斑の心配は?
アヤナスは白斑は大丈夫なの?と心配される方がいたようなのでこちらで少しご説明